第67回高畠ロードレースは18日、高畠町役場前発着で5キロ、10キロ、ハーフマラソンの各種目を行った。ハーフマラソン一般男子で的場亮太(小森コーポレーション)が1時間5分23秒の大会新記録で優勝した。

 同レースの10キロとハーフマラソンの部は、東京マラソン「準エントリーの部」の提携大会となっており、基準記録を突破した上位選手が東京マラソンに出場できる。今年は全国レベルの強豪・小森コーポレーションや東洋大などのほか、県縦断駅伝競走大会の各チームからも多くの選手が参加。地元小中学生から一般までが出場した3キロの「まほろばマラソン大会」には、ゲストランナーとして元五輪代表でDeNAランニング...    
<記事全文を読む>