中高年アスリートらが年齢別で争う陸上の全日本マスターズ選手権は17日、新潟県のデンカビッグスワンスタジアムで始まり、男子M85クラス(男子85~89歳)200メートルに出場した泥谷(ひじや)久光さん(85)=木城町=が31秒69で優勝、日本記録と世界記録を塗り替えた。泥谷さんは「30秒台が目標だったので悔しいが、一つの成果を達成できた」と喜びを表した。これまでの世界記録は青森県の男性が5月につくった33秒10だった。

...    
<記事全文を読む>