リオデジャネイロ・パラリンピック陸上日本代表選手最年長。61歳の弱視ランナー西島美保子(福井市)が、今大会から採用された女子視覚障害者マラソンに臨む。「まともに勝負したら若い選手の方が強い」が、西島には豊富なレース経験がある。「どういうレース展開に持っていくか」。わくわくしながらスタート(日本時間18日午後9時)を待つ。

 最後の調整として出場した北海道マラソン(8月28日)では「7、8割の力で余力を残しながらうまく走れた」。記録、順位より今の自分の力を見極めることが大事だった。

 本番はリオ市南部、コパカバーナ海岸沿い約4キロの周回コースを走る。風や日差しの強さが気がかりだが、日本代表の...    
<記事全文を読む>