岡山県は16日、リオデジャネイロ・パラリンピック陸上の車いす男子で二つの銀メダルを獲得した佐藤友祈(ともき)選手(27)=岡山市、WORLD―AC=に県民栄誉賞を贈ると発表した。

 県は授与理由を「県民に明るい希望と活力を与え、県の名を高め、県民の誇りとなるすばらしい功績」としている。表彰式の日程は未定。

 佐藤選手は静岡県藤枝市出身で、2014年から岡山を拠点に活動。パラリンピックは初出場で、車いすT52の400メートルと1500メートルで2位に入った。

 県民栄誉賞は10年に創設され、受賞は8人目。パラリンピックでは、バンクーバーのノルディックスキー距離で二つの金メダルを獲得した新田佳...    
<記事全文を読む>