リオデジャネイロ・パラリンピック陸上男子400メートルリレー(切断など)で日本が銅メダルを獲得したのを受け、掛川市は13日、アンカーを務めた同市出身の山本篤選手(スズキ浜松AC)を祝福する横断幕を市役所2階のテラスに掲げた。

 市職員が拍手や万歳三唱で快挙をたたえ、訪れた市民からも喜びの声が上がった。松井三郎市長は「日ごろの厳しい練習やプレッシャーに耐えて獲得したメダルは掛川市民として名誉。夢と感動をいただき大変うれしく思う」とコメントした。

 山本選手は今後、100メートルと走り幅跳びに臨む。17日夜の走り幅跳びは金メダルも期待され、市は東遠カルチャーパーク総合体育館さんりーなでパブリッ...    
<記事全文を読む>