【深川】リオデジャネイロ・パラリンピック第6日の12日(日本時間13日)、陸上男子400メートルリレー(切断など)の日本チームが、陸上で今大会最初のメダルとなる銅メダルを獲得した。選手たちが直前合宿を行った深川では、「練習の成果を見事に発揮してくれた」と関係者が喜びに沸いている。

 リレーに出場した芦田創(はじむ)、佐藤圭太、多川知希、山本篤の4選手を含む陸上日本代表の立位部門の選手たちは8月3~9日、深川で合宿した。パラリンピックのリレーは前腕のない選手がいるためバトンを使わず、体の一部に触ることで引き継ぐ。4人は、市陸上競技場で、タッチを繰り返し練習。山本選手は取材に、「皆が集まる合...    
<記事全文を読む>