パラリンピック陸上男子400メートルリレーで銅メダルをつかんだ日本。第1走を務め、右手が自由に動かない芦田創(はじむ)選手(22)=トヨタ自動車=の出身地、兵庫県丹波市では同級生らがテレビ観戦し、声援を送った。

 同市氷上町佐野の市立南小学校には13日早朝、芦田選手が卒業した北小学校時代の担任教諭や同級生が集まった。銅メダルを決めると、赤や青色のポンポンを振って喜んだ。

 芦田選手の同級生で南小教諭の臼井千穂さん(23)は「テレビ観戦でこんなに緊張したのは初めて。(次に出場する)走り幅跳びも楽しみ」と興奮し、6年生のクラス担任だった荒木真也さん(42)は「緊張した顔に見えたが本当にすごい」...    
<記事全文を読む>