11月6日に下関市である下関海響マラソン(実行委員会主催、山口新聞社など共催)での完走に向けた合同練習会が11日、下関市菊川町下岡枝の市菊川運動公園を発着点にあり、山口県内外から集まった約400人のランナーが約21キロのコースを走った。日頃の練習の成果を確かめて本番への励みにしてもらおうと、瞬報社写真印刷(本社・下関市長府扇町)のスポーツコミュニティ事業部が主催し、今年で3回目。17~83歳の人たちが目標タイムごとに8グループに分かれ、それぞれのペースランナーを先頭にスタートし、同市菊川、豊田両町を巡るコースを駆け抜けた。給水所や1キロごとの距離表示を設けたほか、関門医療センターのドク...    
<記事全文を読む>