第6回倉敷国際トライアスロン大会(倉敷市など主催)は11日、同市児島元浜町の児島ボートレース場を発着点に行われ、男子総合は高橋泰夫(倉敷市)が1時間53分4秒で5連覇を果たした。女子総合は坂根三保(広島市)が2時間8分20秒で初優勝。リレー部門はElite Test Team(倉敷市)が2連覇を飾った。

 6月の豪雨に伴う土砂崩れの復旧工事の影響で、バイクコースを例年の40キロから28キロに短縮。スイム(1・5キロ)、バイク、ラン(10キロ)の合計39・5キロのレースに全国から502人とリレー47組が挑み、485人・45組が完走した。

 男子総合 (1)高橋泰夫(倉敷市)1時間53分4秒(...    
<記事全文を読む>