バスケットボール男子、B1東地区の仙台は、千葉との2連戦2試合目(9月25日)で、千葉・小野のポストプレーに対し、菊池がよく守った。

 61-57の第4クオーター残り1分の守り。千葉がゴール近くの小野にボールを入れようとした際に菊池は体の大半を小野の前に割り込ませた。小野はパスを受けようと外に出される格好になり、最後は小野へのパスを菊池がカットした。

 カットしたボールはコート外に出て相手ボールのままだったが、菊池の泥くさい守備の前に千葉は小野を使うプレーを諦めた。代わりに選択した3点シュートが外れ、勝ったと思った。

 菊池の体の使い方はフルフロントと呼ばれる。対抗する定石は別の選手が外に開...    
<記事全文を読む>