バスケットボール男子、Bリーグ1部(B1)の新潟アルビレックスBBは10月1日、アオーレ長岡でホーム開幕を迎える。5千人収容の会場でホーム戦24試合を行うため、新たな観客の掘り起こしが必須。球団は自由席の値下げや、集客につながるイベントを企画するなど新規の取り組みを打ち出す。

 新潟はbjリーグでの昨季、1試合平均2681人(レギュラーシーズン)を集めた。旧ナショナルリーグのチームと合わせても上位だが、今季から求められるのは、この2倍。小菅学社長は「これまでバスケに詳しい人の観戦が多かった。そこに加えて、バスケを知らない人にいかに裾野を広げるかを考えた」と強調する。

 一つの目玉がアオーレ...    
<記事全文を読む>