男子プロバスケットボールBリーグ1部(B1)の栃木ブレックスは25日、ブレックスアリーナ宇都宮(宇都宮市体育館)で秋田との開幕節第2戦を行い、61-59で競り勝った。前日行われた開幕戦の雪辱を果たし、地元でBリーグ初勝利を飾った。

 会場は前日に続いて満員。前日を上回るホームゲーム歴代2位の3870人が詰め掛け、選手たちに熱い声援を送った。

 ブレックスは序盤、堅い守備から積極的な攻撃を披露。相手のミスを誘っては、ライアン・ロシターや田臥勇太(たぶせゆうた)が得点を重ね、第1クオーターで24-13とリードを奪った。12点リードで迎えた第4クオーターに秋田の猛追を受けたが、逃げ切った。

 新リ...    
<記事全文を読む>