仙台の新リーグ開幕はほろ苦かった。19点という差以上の差を見せつけられ、「驚きはない。これが実力」と主将志村。淡々と語る表情に悔しさがにじんだ。

 千葉の日本代表フォワード小野に翻弄(ほんろう)された。第1クオーター最初の守り。1対1で小野をマークした熊谷が、ゴール下で簡単に得点を許したのが尾を引いた。周りの選手にインサイドへの意識が強まった。すると、外のマークが緩み、今度は代表ガード富樫に前半だけで15点を挙げられた。

 熊谷は「僕が最初に(小野を)止めていれば…。相手を勢いづかせてしまった」と視線を落とした。

 チームは何とか10点前後の差で食らい付いたが、千葉には余裕があった。第4クオ...    
<記事全文を読む>