バスケットボール男子の新リーグ、Bリーグ2部(B2)は24日、五所川原市民体育館などで開幕し、9試合を行った。本県の茨城ロボッツは65-59で青森に逆転勝ちし、記念すべき第1戦を白星で飾った。

   ロボッツは第1クオーター、7点差をつけた。第2、3クオーターは攻め込まれ、第3クオーターにリードを許したが、最終第4クオーターは26得点の猛攻で再逆転し逃げ切った。新加入の外国人選手が威力を発揮し、千葉から移籍したリック・リカートはチームトップの16得点、13リバウンドと攻守で活躍。ローガン・スタッツも15得点で続いた。 25日は同会場で青森との第2戦を行う。ホーム開幕戦は10月1日午...    
<記事全文を読む>