バスケットボール男子のBリーグ1部(B1)は24日、豊橋市総合体育館などで本格的に開幕し、TKbjリーグの強豪だった浜松・東三河が前身の三遠が、旧ナショナルリーグ(NBL)で昨季覇者の東芝神奈川が前身の川崎に72―70で競り勝った。

 三遠 1勝 72(26―14 16―22 12―12 18―22)70 川崎 1敗 【評】三遠が川崎に競り勝ち、新リーグの好スタートを決めた。

 前半の主導権を握ったのは三遠。堅い守備から速攻につなげ、田渡やロビーが得点を重ねた。第2クオーターは川崎に追い上げを許したが、6点リードで折り返した。

 第3クオーターは互いに要所を締め、一進一退の攻防を繰り広げた。...    
<記事全文を読む>