バスケットボールのナショナルリーグ(NBL)とTKbjリーグを統合して22日に幕を開けたBリーグは24日、1部(B1)の残りの開幕戦8試合を行った。東地区の栃木ブレックスは、ブレックスアリーナ宇都宮(宇都宮市体育館)で秋田と対戦し、日本バスケット界の新たな歴史の第一歩を踏み出した。試合は68-83で敗れた。

 記念すべき一戦をこの目に焼き付けようと、多くのファンが会場に詰め掛けた。クラブ史上2番目に多い3843人の入場者が、総立ちで試合開始のときを待った。スモークやレーザー光線による演出のほか、この日お披露目となった天井つり下げ式の映像装置も熱戦を盛り上げた。

 新加入の竹内公輔(たけうち...    
<記事全文を読む>