山形でも新たなバスケットボールの歴史が幕を開けた。国内リーグが統合したBリーグは22日の1部開幕に続いて24日、2部がスタート。パスラボ山形ワイヴァンズは天童市の県総合運動公園アリーナで群馬と対戦した。会場には2102人のブースター(ファン)が詰め掛け、新たな船出に対する期待の高さがうかがえた。

 会場の一角には、昨年12月に発足したチーム公認ブースタークラブ「WYLB(ワイラブ)」(近野秀敏代表)が陣取った。チームカラーの紫の衣装で身を包み、ひときわ大きな声援で後押しした。

 山形が属する2部東地区(全6チーム)には福島、岩手、青森を合わせた東北の計4チームが所属。WYLBの近野代表(4...    
<記事全文を読む>