「非常に悔しい1ページになった」。歴史的開幕戦を勝利で飾れず、栃木ブレックスの田臥勇太(たぶせゆうた)主将は試合後、言葉を絞り出した。

 リーグ分裂、国際試合の出場停止…。日本のバスケットボール界の紆余曲折(うよきょくせつ)を経て、Bリーグが誕生した。田臥は試合前日、「チーム、個人にとって歴史的な1ページになる」と意気込んでいた。

 運命のいたずらか。開幕戦の相手は高校時代を過ごし、将来プロになると誓った地の秋田。結果は15点差の完敗だったが、悔しさ以外の感情も生まれた。新設された大型スクリーンなど豪華になった会場設備、何より会場を埋め尽くした観客の盛り上がりが胸に響いた。「一体となったフ...    
<記事全文を読む>