バスケットボール男子Bリーグ2部は24日、各地で開幕した。昨シーズンまでTKbjリーグに所属していた信州ブレイブウォリアーズは本拠地の千曲市戸倉体育館でバンビシャス奈良と対戦し、72―74で逆転負けした。

 信州は第1クオーター(Q)終盤に武井(松商学園高―国学院大出)、上杉の連続得点で抜け出して7点のリードを奪った。第2Qは厳しい守備からの速攻や斎藤崇の3点シュートなどで点差を広げ、前半を43―24で折り返した。しかし、第3Qに入って奈良のゾーン守備に苦しみ、立て続けに3点シュートを決められて点差を縮められた。第4Qの終盤に追いつかれると、終了間際に逆転された。

 信州は25日午後2時か...    
<記事全文を読む>