男子バスケットボールの国内リーグが統合したBリーグは24日、2部が開幕した。東地区のパスラボ山形ワイヴァンズは天童市の県総合運動公園アリーナで群馬との今季開幕戦に臨み、46-63で敗れた。

 第1ピリオドに先行を許し、主将の佐藤正成(山形南高出)のシュートなどで反撃したが、追いつけなかった。守備では奮闘したが、外角シュートの精度が上がらなかった。山形は25日も同会場で群馬と顔を合わせる。

 1~3部に全国の計45チームが参加するBリーグ。2部には東、中、西の3地区があり、山形は東北と北関東の計5チームと共に東地区に属する。他地区との交流戦を含め、来年5月まで計60試合(ホーム30試合)を戦...    
<記事全文を読む>