男子バスケットボール・Bリーグ2部のパスラボ山形ワイヴァンズが、ホームアリーナを山形市総合スポーツセンターから天童市の県総合運動公園に移転する方向で調整していることについて、運営会社パスラボの吉村和文社長が23日、天童市役所を訪れ、山本信治市長に移転方針への協力を求めた。山本市長は「市を挙げて応援したい」と話した。

 吉村社長は「(県総合運動公園の)使用団体などの理解を得て、一定の段取りがついた」とし、「天童市や市民、市内の経済界の力添えをお願いしたい」と求めた。山本市長から、1部に昇格するためのライセンス申請時に必要な自治体の支援書を受け取った。

 1部昇格に必要なライセンス取得のために...    
<記事全文を読む>