男子バスケットボールBリーグの千葉は24日午後4時から、船橋アリーナで仙台との開幕戦に臨む。二つの国内リーグが統合され、真の日本一が決まる最初のシーズン。大野ヘッドコーチは「雰囲気良く練習に取り組んできた。選手を信じたい」と必勝を期した。

 千葉が所属するB1東地区は、A東京や栃木といった強豪がひしめく。仙台は昨季TKbjリーグで2位。秋田時代に対戦経験のある千葉の富樫は「ディフェンシブなチームで、スピードもある」と警戒する。

 小野主将は「積極的な時間を増やし、粘り強く戦いたい」。新時代のスタートを白星で飾り、勢いをつけたいところだ。

...    
<記事全文を読む>