三人制バスケットボールのプロリーグに今年参入した立川市が拠点の「TACHIKAWA DICE.EXE(タチカワ・ダイス・ドット・エグゼ)」が初めてのシーズンを二位で終えた。最終節まで優勝争いする堂々の戦いぶりで、広がり始めた地元ファンに好成績で応えた。

 (加藤健太) ダイスなど十二チームで構成するプロリーグは、六~九月に全国八会場で大会を開催。ノースイースト、サウスイーストの二ブロックに分かれて対戦し、会場ごとに順位を決めて勝ち点の合計で総合優勝や国際大会の出場権を争う。

 地元の「ららぽーと立川立飛(たちひ)」で迎えた開幕戦は三位に終わったダイスだったが、その後は名古屋、大阪で一位、残...    
<記事全文を読む>