試合をつかさどる正ポイントガード(PG)として、プレシーズンゲームで存在感を発揮した。素早いドライブで敵陣深く切り込み、自ら得点したり、パスをさばいたりと的確な判断で勝利を引き寄せる。「苦しい時に流れを変えるPGでありたい」といい、長谷川誠ヘッドコーチも「経験を積めばもっといいPGになる」と成長に期待を寄せる。

...    
<記事全文を読む>