男子バスケットボールBリーグ元年を迎え、二十四日に開幕する二部(B2)に参戦する「サイバーダイン茨城ロボッツ」の出陣を祝う“ティップオフ”パーティーが十三日夜、水戸市内で開催された。主将の一色翔太選手が来シーズンの一部(B1)昇格に向け快進撃を誓うと、チームを応援するスポンサーやファンが熱い声援を送った。

 水戸芸術館のアートタワーをあしらった新ユニホーム姿の選手たちが、ミラーボール輝く会場に次々と登場。ファンらにサインしたり、記念撮影に応じたりした。ゲームに花を添えるチアリーダーRDT(ロボッツ・ダンス・チーム)も華やかなパフォーマンスで開幕ムードを盛り上げた。

 取手市出身のシューティ...    
<記事全文を読む>