Bリーグの試合を観戦する際、昨シーズンまでと大きく異なるポイントがある。それは外国人選手の出場枠を定めた「オンザコートルール」。日本人選手の強化を目的とするリーグ方針により、外国人選手の出場が大きく制限されたことで、これまで以上に日本人長身選手の活躍が重要となる。

 旧bjリーグでは、米プロバスケットボールNBAを強く意識し、体格で勝る外国籍選手を起用して迫力あるプレーを見せようと、旧ナショナルリーグ(NBL)よりも外国人選手の出場枠が多く設けられていた。秋田ノーザンハピネッツ(秋田NH)が参入した2010~11シーズンは、第2クオーターのみアジア出身以外の外国人選手を2人に制限し、他の...    
<記事全文を読む>