リオデジャネイロ・パラリンピックの車いすバスケットボール男子は十日未明(日本時間)、予選リーグ第二戦でスペインと戦った。県内在住の千脇貢(35)=千葉市=と土子大輔(36)=市川市、香西宏昭(28)=千葉市=の三選手が出場し熱戦を繰り広げたが、後半に突き放され初勝利を逃した。千脇と土子の両選手が所属するクラブチーム「千葉ホークス」の田中恒一代表(40)=四街道市=は、「パラリンピックは夢の舞台。気持ちを強く持ってまず一勝を」と次戦へ期待を込めた。

 千葉ホークスで車いすバスケを始めた両選手。日本代表選手を多く輩出するチームで刺激を受け、高い技術を磨いてきた。田中さんも世界選手権などに出場...    
<記事全文を読む>