プロバスケットボールBリーグの東北勢6チームがトーナメントで争う「東北カップ」第2日は10日、福島県会津若松市のあいづ総合体育館で準決勝と交流戦の計3試合を行った。秋田ノーザンハピネッツ(秋田NH)は準決勝で山形と対戦し、外角からのシュートを精度良く沈めてスコアを伸ばし、後半はディフェンスを立て直して91―72で快勝した。

 最終日の11日は3年ぶりの優勝を懸け、決勝で仙台と対戦する。

...    
<記事全文を読む>