藤本怜央(SUS、島田市出身)がスペイン守備の包囲網にはまった。車いすバスケットボール男子の日本はポイントゲッターを封じられて後半に崩れ、強豪に屈した。藤本に頼る策が裏目に出て、及川監督は「攻撃が単調になって抜けられなくなった」とうなだれた。

 トルコに49―65で敗れた初戦で藤本はチーム最多の22得点と奮闘した。「(点を)取れそうだと感じた」と勢いに賭けた及川監督は、23―26で迎えたハーフタイムで藤本に球を集めるように指示。第3クオーターの出だしは狙い通りにエースが決め、1点差に迫った。

 そこからぱたりと入らなくなった。スペインの連係守備に苦しめられた藤本は「相手のプレッシャーが強く...    
<記事全文を読む>