30日にヨルダンで開幕する国際サッカー連盟(FIFA)U―17(17歳以下)女子ワールドカップ(W杯)の日本代表に前橋育英高3年のGK小暮千晶が選ばれた。1年を通して代表合宿や海外遠征に参加し、国際舞台の経験を積んできた。「1年間の成果を示す大会。日本の2連覇に貢献したい」と意気込んでいる。  こぐれ・ちあき 1999年3月生まれ、館林市出身。館林第十小―館林三中。中学時代はクラブチームに所属してFWやGKを担い、バスケットボール部でも活躍。高校では1年生から大会に出場している。168センチ。

...    
<記事全文を読む>