四国サッカーは9月25日、高知市の春野球技場などで最終節4試合を行った。FC今治がKUFC南国を6―1で下し、13勝無敗で1試合を残して連覇を決めた。2016年1月、高知県内強豪チームが統合して誕生した高知ユナイテッドSCは、今治との直接対決に臨む前に2位が決定。前期、格下相手に引き分けたことが響いた。25日の試合はリャーマス高知に3―0で勝った。

 リャーマスは7位が確定し、入れ替え戦に回る。徳島セレステに1―2で敗れた中村クは、最下位となり高知県1部リーグへの自動降格が決まった。

 四国リーグは、18日に雷のためノーゲームとなった高知ユナイテッド―FC今治戦を10月9日に行い、全日程を...    
<記事全文を読む>