サッカーJ2のFC岐阜と、女子サッカーなでしこリーグ1部の伊賀FCくノ一(三重県伊賀市)が、小学生以下の女子選手を指導するサッカー教室が十九日、岐阜市長良福光の長良川球技メドウで開かれた。

 伊賀がこの日、メドウでリーグ戦を行うのに合わせ、女子サッカーを普及させるため開いた。岐阜市や大垣市などから幼稚園児や小学生約百七十人が集まった。

 FC岐阜の日根野谷諒さん(28)らスクールコーチ五人と、伊賀のDF草野詩帆さん(23)ら選手六人が、未就学児と小学生は低・中・高学年と未経験の五つのグループに分かれてドリブルやパスなどの基本を教えた。高学年のグループでは「ドリブルしながら空いたスペースを探...    
<記事全文を読む>