第44回中国サッカーリーグは18日、第16節5試合があり、松江シティFCは松江市営陸上競技場で行われたホーム最終戦で、2位のSRC広島に0-3で完敗し、第4節から守ってきた首位から陥落した。SRC広島が入れ替わって勝ち点1差で首位。3位三菱水島FC(岡山)が敗れたため、優勝争いは2チームに絞られたが、1、2位の直接対決で敗れた松江シティは通算10勝4分け2敗、勝ち点34の2位で、現時点で自力優勝が消滅した。

 デッツォーラ島根はサンビレッジ浜田でNTN岡山に1-2で敗れ、通算6勝2分け8敗で、変わらず6位。SC鳥取ドリームスはどらドラパーク米子球技場でゼロックス(広島)に0-4で敗れ、開...    
<記事全文を読む>