サッカーの東海社会人リーグ1部は第14節第1日の18日、愛知県刈谷市で暫定首位のFC刈谷(愛知)と同2位の鈴鹿アンリミテッドFCが対戦し刈谷が2―0で勝った。刈谷は勝ち点を36に伸ばし、鈴鹿をはじめ他の7チームが残り試合で全勝しても勝ち点で上回れないため、2年連続の1部優勝が決まった。

 刈谷は前半15分、セットプレーから先制すると同38分にはドリブル突破から2点目を奪った。2年ぶりの1部優勝を目指した鈴鹿は後半、果敢に前で攻めたがゴール前での精度に欠けた。

 刈谷は11月にゼットエー・オリプリスタジアム(千葉県)ほかで開かれる全国地域サッカーチャンピオンズリーグ(旧称・全国地域サッカーリ...    
<記事全文を読む>