日本サッカー協会(JFA)は17日、神戸市須磨区のグリーンアリーナ神戸でタウンミーティングを開き、今年就任した田嶋幸三会長(58)が兵庫県協会関係者やサポーター約100人と意見を交わした。

 田嶋会長は会長選でサッカーに携わる一般市民と対話するタウンミーティング開催をマニフェストに盛り込んでいた。約1年をかけて全国47都道府県に足を運ぶ予定でこの日が第1回となった。

 地域で少年サッカーの育成に取り組む参加者たちから「審判や指導者の登録料を見直せないか」「少女向けの全国大会を開いてほしい」などの声が寄せられ、田嶋会長は「負担を軽くできないか検討する」「女性の選手層拡大を図りたい」などと回答...    
<記事全文を読む>