サッカーの北信越リーグ1部で5連覇に王手をかけているサウルコス福井は18日正午から、福井県越前市武生東運動公園陸上競技場で2位アルティスタ東御(とうみ)(長野)と対戦する。勝てば優勝が決まり、負ければ自力優勝の可能性が消える天王山。日本フットボールリーグ(JFL)昇格への挑戦権もかかり、激しい攻防の連続になりそうだ。

 サウルコスは今季唯一無傷の10勝2分けで勝ち点32。延期されていた11日のFC北陸(石川)戦に勝って東御を勝ち点1差で上回り、単独首位に浮上した。残り2節で優勝を争う両チームは今季2度対戦。サウルコスはリーグ戦が5月に敵地で0―0の引き分け、8月の北信越国体では1―0で競...    
<記事全文を読む>