明治安田J3第23節は25日、各地で7試合を行い、首位の栃木SCは県グリーンスタジアムで8位のG大阪U-23に0-2で敗れた。連続不敗試合は17で止まり、通算成績は14勝5分け4敗の勝ち点47。2位大分との勝ち点差は4に縮まった。

 栃木SCは前半、相手の厳しいプレスの前にパスをうまく回せず、次第にDFラインが下がって劣勢に立たされた。同36分にはG大阪のU-19日本代表MF堂安律(どうあんりつ)にゴール正面からミドルシュートを決められ、2戦連続で先制を許した。後半8分には前掛かりになった隙を突かれて追加点を献上。チャンスらしいチャンスをほとんどつくれないまま敗れた。

 栃木SCの次戦は1...    
<記事全文を読む>