サッカーJ3は25日、第23節7試合を各地で行った。AC長野パルセイロは、長野市南長野運動公園総合球技場でC大阪U―23に1―3で完敗し、今季初の2連敗。6位に後退し、J2・J3入れ替え戦に出場できる2位の大分との勝ち点差は7に広がった。

 AC長野は天皇杯3回戦から中2日で戦った。松原や多田、有永ら5人が引き続き先発した。前半26分、自陣右FKを頭で決められ先制点を献上。しかし38分、左CKを大島がヘディングシュートを決めた。相手選手と激突した大島は負傷退場。市内の病院に運ばれたが、大事には至らなかった。

 後半10分、右クロスを中央で相手のMF沖野が右足でゴール。28分にはクリアボール...    
<記事全文を読む>