明治安田J3は25日、各地で7試合を行い、4位のカターレ富山は県総合運動公園陸上競技場で、入れ替え戦対象の2位につける大分トリニータに0-0で引き分けた。通算11勝7分け5敗で勝ち点は40。残りは7試合で、順位は4位、大分との差は3のままそれぞれ変わらない。自動昇格できる1位・栃木との差は7に縮まった。

 富山はコンディションの問題で、DF代に代わりDF吉井が出場するなど、先発メンバーを前節から計4人代えた。

 前半は一進一退の攻防が続いた。富山はMF萱沼が積極的にドリブル突破を図り、セットプレーのチャンスを何度も獲得。DF進藤、FW大島らがゴールを狙った。後半は序盤にペースを握り、7分に...    
<記事全文を読む>