サッカーJ3第22節最終日は19日、3試合があった。大分トリニータはホームの大分銀行ドームでC大阪U―23と対戦し、2―0で勝った。通算成績は13勝3分け6敗(勝ち点42)。順位は2位に浮上した。

 大分の次戦は天皇杯3回戦で、22日午後3時から甲府市の山梨中銀スタジアムでJ2の清水と対戦する。

 首位奪還に向けて大きな勝ち点3を奪った。大分が久しぶりのホームでのリーグ戦を制し2位に浮上した。前日にライバルの栃木や鹿児島の結果が分かっていた一戦。後半に2得点したFW後藤優介は「絶対に勝ちたかった。良い形で得点できて良かった」と満足した表情を見せた。

 前半は相手のプレッシャーに苦しみ攻めあぐ...    
<記事全文を読む>