明治安田J3第22節第2日(18日・藤枝総合運動公園サッカー場ほか=4試合)ガイナーレ鳥取は藤枝を今季最多の5得点で下し、4試合ぶりの白星で連敗を2で止めた。河合が今季通算4得点、広田、前田が今季初得点、池ケ谷はプロ初得点を挙げた。通算5勝5分け12敗、勝ち点を20に伸ばし、暫定14位に浮上した。

 首位の栃木は相模原と1-1で引き分け、勝ち点47とした。鹿児島はG大阪U-23(23歳以下)に1-6で大敗し同40。長野は福島に敗れ、同36から伸ばせなかった。

 ▼鳥取5-2藤枝 【評】序盤に先制されたガイナーレは前半12分、ペナルティーエリアで倒された河合がPKを決めて同点。19分には左サ...    
<記事全文を読む>