明治安田J3第22節は18日、各地で4試合を行い、首位の栃木SCは県グリーンスタジアムで7位の相模原と対戦し、1-1で引き分けた。連続不敗試合は17に伸び、通算成績は14勝5分け3敗の勝ち点47。暫定ながら2位・鹿児島との勝ち点差は7に広がった。

 栃木SCは前半開始直後にサイド突破から立て続けにチャンスをつかんだが、クロスの精度が悪くシュートまで持ち込めなかった。同15分すぎからは逆に相手のサイド攻撃に押し込まれ、同29分にCKから先制された。

 それでも後半は前線からの連動した守備でリズムをつかみ、同12分にカウンターからFW大石治寿(おおいしつぐとし)がゴール右隅に決めて同点。相手の...    
<記事全文を読む>