明治安田J3第21節は10日、各地で2試合を行った。首位の栃木SCは大阪市のキンチョウスタジアムで11位のC大阪U-23に3-0で完勝。これで16戦負けなし、通算成績14勝4分け3敗の勝ち点46とし、暫定で2鹿児島との勝ち点差を9に広げた。

 天皇杯による中断期間明けとなった一戦。栃木SCは前半から、シュートチャンスを多くつくった。同19分はゴールキックをFWリカルド・ロボがヘッドで落とし、FW大石治寿(おおいしつぐとし)がシュート。同21分にはこぼれ球にロボが右足を振り抜くなどしたが、ゴールネットを揺らすには至らなかった。

 しかし同38分、ゴールキックから大石、ロボとヘッドでつなぎ、M...    
<記事全文を読む>