日本フットボールリーグ(JFL)は18日、第2ステージ(S)第9節を実施し、ヴァンラーレ八戸は千葉県柏市でブリオベッカ浦安と対戦、1―3で敗れた。勝ち点は11で、第2Sの順位は11位。

 ヴァンラーレは前半13分、同30分に失点。後半41分に、村上聖弥が左足で決めて1点を返したが、その4分後にさらに1点を失い、力尽きた。

 一方、ラインメール青森は、青森市の青森県総合運動公園陸上競技場でアスルクラロ沼津と対戦。0―1で敗れたが、首位をキープしている。

 ヴァンラーレの次節は25日、大分県佐伯市でヴェルスパ大分と対戦する。

...    
<記事全文を読む>