サッカーの天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、共同通信社、NHK共催)第3日は3日、各地で2回戦が始まった。ロアッソ熊本はうまかな・よかなスタジアムで東京VとのJ2勢対決に臨み、1-5で完敗を喫した。

 熊本地震の影響で過密日程が続くロアッソは8月31日のJ2リーグ戦から先発10人を入れ替えた。前半8分、右サイドを崩しDF黒木晃平の低いクロスボールにFW平繁龍一が飛び込み先制。しかし、その後は東京Vの攻勢にさらされ、28分、43分と失点し、あっさりと逆転された。後半も相手の鋭い出足に押され、失点を重ねた。

 他会場では、J1甲府がJ3大分(大分)に0-0からのPK戦の末に6...    
<記事全文を読む>