Jリーグは28日、来季のクラブライセンス交付の判定結果を発表し、J2のザスパクサツ群馬は2年ぶりにJ1ライセンスを取得した。  昨年満たせなかったトレーニング施設の確保にめどが立ったためで、今季のリーグ戦で2位以内に入るか、3~6位が争うプレーオフで優勝すれば来季J1に昇格できる。現在18位。

...    
<記事全文を読む>