サッカーの天皇杯全日本選手権は22日、各地で3回戦12試合があった。山口は新潟市のデンカビッグスワンスタジアムでJ1の新潟と対戦し、0―1で敗れた。

 新潟は昨季まで山口に所属していたMF小塚和季や山口県出身の元日本代表、MF田中達也らが先発。序盤は山口、新潟ともに決め手を欠き、無得点で終える。後半に入ると新潟が攻勢に転じ、主力のFW山崎亮平やFWラファエル・シルバを投入すると同32分、山口は山崎にゴールを奪われてしまう。山口はその後、相手の攻撃をしのぎ切ったが、最後までゴールを奪うことはできずに初の4回戦進出はならなかった。他の試合ではJFLのホンダFCがJ3の盛岡に2―1で勝利。J1鹿...    
<記事全文を読む>