サッカーJ2・FC岐阜のイベント「FC岐阜運動会inマーサ21」が19日、岐阜市正木中のマーサ21で開かれ、参加した地域の子どもたちが爽やかな汗を流した。

 FC岐阜を運営する岐阜フットボールクラブが、チームのスポンサーのマーサ21で8年前から毎年イベントを開いている。

 この日は四つのブースを設け、小学生らがボールを蹴って的に当てる「キックターゲット」や、蹴ったボールの速度を測る「キックスピード」などのミニゲームを楽しんだ。

 会場では、11月3日に同市長良福光の長良川競技場で行われるザスパクサツ群馬戦の試合チケットが当たる抽選会も開かれた。

...    
<記事全文を読む>