明治安田J2第32節(18日・トランスコスモススタジアム長崎ほか=11試合)V・ファーレン長崎は首位札幌と0-0で引き分けた。通算成績は9勝13分け10敗(勝ち点40)で、順位は前節と変わらず13位。札幌は勝ち点を70とした。

 2位松本は群馬と1-1で引き分けて勝ち点61。3位C大阪は北九州を1-0で退け、勝ち点を60に伸ばした。清水は水戸に2-1で競り勝って4位に浮上。岡山は熊本と0-0で引き分けて5位に後退した。

 V長崎は前半、MF梶川らを起点にボールを動かして主導権を握ったが無得点。0-0で折り返した後半は終盤に押し込まれたが、DF陣が通算17ゴールで得点ランキングトップタイの札...    
<記事全文を読む>