DFの松原が公式戦初、ビョンがリーグ戦初得点を決めた。ともに大前の左CKに合わせた。

 後半40分に決めた松原は「大前さんのボールに、自分の左足が当たってしまったという感じ」とかかとで決めた。前節までクロスで2試合連続アシストと好調だった20歳に、運も味方した。

 後半ロスタイムにダイビングヘッドで決めたビョンは「ゴールに近いサイドは相手に警戒される選手がいたので、遠目に流れることを信じて待った」。J1広島時代の昨年の天皇杯では、小林監督が指揮していたJ2徳島から決勝点を奪った韓国人DF。今度は同監督を喜ばせる公式戦2得点目だった。

...    
<記事全文を読む>